テレセラピー体験談【第12回】 内田歯科医院 内田行人

私は長野市で歯科医をしている内田と申します。
今回、堀田忠弘先生より体験談の原稿依頼を受け、まだテレセラピーについては若輩者ですが、今までに私が体験したことを少しお話ししたいと思います。

最初にテレセラピーを家族や親族の人たちに試してみました。すぐに変化を感じたのは、目がよく見えるようになったり、頭痛が治ったりしたことです。その後親戚の叔母のパニック障害が完全に治癒して、今は元気に仕事をしております。
その他には、頑固で短気なご主人が、テレセラピーにより急に穏やかな性格になり笑顔が出るようになったと、知り合いの奥様が大変喜んでいらっしゃいました。

また、高校入試に臨む娘さんを第一志望校に合格させたいからと、お母様の希望でテレセラピーを実施しましたが、残念ながら第一志望校には合格できず、第二志望校に合格されました。お母様は大変残念がっておられましたが、後日連絡があり、娘さんが第二志望校に入って良かったとおっしゃっていました。その学校の方が娘さんに合っているし、先生方や生徒さん達もとっても人柄が良く、皆さんと仲良く高校生活を楽しんでいるとの事でした。
私はこの時、第一志望校ではなく第二志望校に合格した事は、この娘さんの将来にとって意味があったのだ、やはりテレセラピーが正しい方向に導いてくれたのかなと思いました。

またその他には、患者さんで直腸ガンの方がいらっしゃいましたが、オペや抗がん剤治療を受けたくないとのことで、代替医療を希望されており相談を受けました。

テレセラピーの話をしましたら、ご本人もやってみたいとの事でしたので早速開始して6ヶ月くらいたった頃でしょうか、患者さんから電話が入り、早朝多量の出血がありなかなか止血しないがどうしたら良いかとの話に、すぐに病院で検査をしてもらって下さいと言いました。

その日の午後遅く、ご本人より元気な声で「先生!直腸ガンが無くなって、治っていました!」との連絡がありました。その後ご本人と、きっと多量の出血をした時にガンも一緒に出てしまったんだねぇ~とお互いに納得し、喜び合いました。
テレセラピーをやっている患者さん全員に良い結果が出ている訳ではないですが、この治療法は体に負担も無く、本人がその場にいなくてもできるので、すばらしい治療法だと思います。

まとめとして、私の場合まだ自身の波動レベルが低いので、レベルアップしてテレセラピーの治療をすればもう少し成果が上がるんじゃないかと考えています。私の場合、どちらかと言うと身体より精神面に早く効果が現れているような気がしています。
最後に、いつもご親切にご指導くださる堀田先生、㈱山の皆様に感謝しております。
第11回> <第13回
このページのトップへ